JAひだ

JAひだってなに? 農業簿記ダウンロード
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
  • サイトマップ・リンク集
  • 緊急時のご連絡先
  • お問い合わせ
Twitter Instagram

JAの総合事業とは

JAの特長の一つは「総合事業」です。

 JAでは、農業者を対象とした営農指導、農産物の販売や農産物集出荷施設の運営、農業生産資材の購入等の農業関連事業のほか、信用事業(JAバンク)・共済事業(JA共済)やAコープやガソリンスタンドなどの生活関連事業など、地域住民の皆さまにもご利用いただける事業を数多く展開しています。

営農指導、農産物の販売、営農資材の販売、JAバンク、JA共済、生活用品の販売 事業内容のご紹介

 このように、JAが組合員の営農と生活全般にわたって一体となって支えていくために欠かすことのできない「総合事業」を維持していくことは、飛騨地域の農業が持続的に発展するために重要だと考えております。

 とりわけ、収支が厳しい農業関連事業は、JAバンク(信用事業)やJA共済(共済事業)などを含めた総合事業だからこそ、JAの経営基盤が強固なものとなり、大規模な農業関連施設への投資や、地域に必要な生活関連事業の維持が可能となります。高齢化・過疎化が進む飛騨地域においては、農業と地域の生活を支えるために「総合事業」が今後も必要だと考えており、農業を営んでいる正組合員の方を中心として、農業を営んでいない准組合員の皆さまや地域住民の方々の利用があってこそ、飛騨地域の農業や経営基盤を維持することが可能となります。

TOPに戻る