JAひだ

農業簿記ダウンロード
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
  • サイトマップ・リンク集
  • 緊急時のご連絡先
  • お問い合わせ

飛騨牛の香りソテー

高原山椒 ~日本一とも称される高原地区の伝統香辛料~

 日本の代表的な香辛料の一つで、ジャパニーズペッパーとも呼ばれる山椒。中でも高原地区の高原山椒は日本一の品質とも評価され、県の「飛騨・美濃伝統野菜」の認証も取得しています。

 山椒の特徴は、何と言ってもしびれるようなピリッとした辛味と香り。その辛味成分には様々な効能があり、冷え性の緩和や改善のほか、腹痛や下痢、胃もたれ、消化不良の予防、食欲の増進も期待できるそうです。更に、基礎代謝の活性化や発汗作用もありますので、ダイエット効果もあるとか。ただし、過剰摂取にはくれぐれも注意しましょう。

 飛騨地域でも特に栽培が盛んな高原地区では、約200人の生産者が山椒を栽培しています。山椒の収穫・出荷は7月末から9月まで行われ、その期間中高原地区は山椒の香りに包まれます。土地や気温などの自然の恩恵をたっぷり受けた香り高い高原山椒。山椒といえばウナギですが、ぜひウナギ以外にも様々な料理に活用してみてください。

飛騨牛の香りソテー ~飛騨牛と山椒の風味を合わせた絶品ソテー~

材料(2人前)

飛騨牛(すき焼き用) 6枚(200g)
みそ 大さじ2
みりん 大さじ2
飛騨山椒の葉※ 6枚
ジャガイモ 1個
シメジ、シイタケ 適量
飛騨山椒の粉 少々
  • 最寄のお店にない場合、Aコープ各店舗でお取り寄せいただけます

作り方

  1. みそとみりんを合わせて練り、広げた飛騨牛に塗り山椒の葉をのせる(山椒の葉が手に入りにくいときは、山椒の粉で代用しても可)
  2. 1.をくるくると巻き、フライパンで焼く
  3. 2.を取り出したら、切っておいたジャガイモを焼き、その後シメジ、シイタケも入れて焼く
  4. 塩と飛騨山椒の粉を少々振りかけ、お皿に盛ったら出来上がり
TOPに戻る