JAひだ

農業簿記ダウンロード
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
  • サイトマップ・リンク集
  • 緊急時のご連絡先
  • お問い合わせ

ホウレンソウ餃子

飛騨ほうれんそう ~緑黄色野菜の代表選手~

 本来は冬野菜ですが、今では品種改良も進み、高冷地の飛騨では春から秋にかけて栽培出荷が最盛期となります。

 漫画「ポパイ」って知っていますか?ポパイはホウレンソウを食べて瞬く間に元気モリモリ。そんな健康野菜というイメージがぴったりのホウレンソウは鉄分が多くて、貧血予防にもってこいですが、ほかにカロテン、ビタミンをバランス良く含み、ミネラルも豊富です。

 活性化酸素を抑制する働きは血管を若々しく保ち、動脈硬化や高血圧の予防、美肌にも効果があります。

 一緒に入れるしょうがは臭み消しにもなり、暑い夏でも、独特の香りが食欲をそそります。そのうえ強い殺菌効果が食中毒を防ぎます。豚肉には疲労回復に役立つビタミンB1がいっぱい。

元気満点!ホウレンソウ餃子

材料(3~4人分)

餃子の皮 30枚
豚バラ肉 150g
ホウレンソウ 200g
ショウガ 適量(1かけくらい)
大さじ1
しょう油 大さじ1
小さじ3分の1
サラダ油 大さじ2分の1
ごま油 大さじ1
片栗粉 少々
コショウ 少々
タレ 酢・しょう油 各大さじ1
ごま油・しょう油・コショウ 各少々
ラー油 適量(お好みで)

作り方

あん
  1. 豚肉を細かく刻んでボウルに入れ、ショウガのみじん切りとコショウ、酒を入れて臭みを消し、しょう油、塩を加えてよく混ぜる
  2. サラダ油、ごま油を1.に加えてうまみを閉じ込める
  3. ホウレンソウを硬めに茹で、冷水に取る。冷めたら絞り、5mmくらいの幅に切った後、もう一度絞って水気を取る。
  4. 2.に3.を加えて混ぜ、片栗粉を加えてもう一度混ぜて出来上がり
包み方
  1. 皮の縁に水を塗り、ひだを取りながら閉じて片栗粉の上に並べる
焼き方
  1. フライパンに油大さじ1をひいて熱し、少し間隔をあけて餃子を並べ、中火で2分ほど焼く
  2. 焼き色が付いたら熱湯を餃子の高さ半分まで注ぎふたをする。
  3. 弱めの中火で蒸し焼きして皮がパリッとしたら油小さじ1をまわし入れて再びふたをし、少し焼いたら出来上がり
    ※水気がなくなるまでじっくりと焼き上げること!
TOPに戻る